~Excelで仕事を早く終わらせよう~

~ハッピータウン~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸借対照表 1-1

ここでは、資産、負債、資本について説明します。


資産とは財産(自分のお金など)を表します。
資産には次のような勘定科目があります。

<現金>
  硬貨、紙幣などのお金

<商品>
  お店に置いてある売り物

<備品>
  パソコンや机、イス、棚

<建物>
  お店、事務所などの建物

<売掛金>
  売った商品のお金を待ってあげてる時に使います。

<貸付金>
  貸している金額を表します


負債とは、支払わなくてはいけないお金
つまり、借金を表しています。
負債には次のような勘定科目があります。

<買掛金>
  商品を買った時に、支払いを待ってもらう時に使います。

<借入金>
  お金を借りている時に使います。つまり借金です。



資本(純資産)とは、お店を開くための資金、もとでを表します。
資本(純資産)には次のような勘定科目があります。

<資本金>
  店主が出した資金、元手


この資産、負債、資本(純資産)の3つを
まとめた表が「貸借対照表」です!
B/Sと表示する場合もあります。

貸借対照表


資産は借方(左)にあります。
資産が増えるごとに借方の数字が増えます。
資産が減るごとに借方の数字が減ります。

負債は貸方(右)にあります。
負債が増えるごとに貸方の数字が増えます。
負債が減るごとに貸方の数字が減ります。

資本(純資産)は貸方にあります。
3級では資本が増えたり、減ったりすることは
滅多にありません。



~練習問題~
  それぞれの項目を資産、負債、資本(純資産)に記入してください。
  
  <項目>
  現金、買掛金、商品、建物、資本金、貸付金、売掛金、備品、借入金

資産3



答えはコチラ


theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

簿記クラブ

Author:簿記クラブ
日商簿記1級取得者
大学生活と並行的に簿記を勉強していました。
苦労してやっと合格しました。

カテゴリ
QRコード
QRコード
も・く・じ (教科書編)
期首と期末
貸方と借方
損益計算書(PL)1-1
貸借対照表(BS)1-1
貸借対照表(BS)1-2
現金を使った
基礎的な仕訳
当座預金
仕入、売上、売掛金、買掛金
引取運賃、発送運賃を
含めた仕入、売上
返品、値引、割引
受取手形、支払手形
貸付金、借入金
未収金、未払金
前払金、前受金
仮受金、仮払金
商品券、他店商品券
有価証券
有価証券売却損益
有価証券評価損益
貸倒引当金1
貸倒引当金2
貸倒引当金3
固定資産
減価償却費
固定資産売却損益
手形割引
裏書譲渡
為替手形
償却債権取立益
当座借越
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

フルーツメール
リンク
最新トラックバック
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。